About me and my life.

 

 

 

 

 

 

 

 

    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  写真家

 米倉 麻子

 

十勝生まれの道産子。繊細で多感な幼少期、絵を描き、創作し
自然の風景や生き物、動物たちと触れあいながら成長する。
 
高校卒業後はインテリアデザインと、木工家具製作を学び、
バブル期の東京でオーダー家具の設計に従事するが、
慣れない気候と都会暮らしに疲れ、「このままここにいたら
人間じゃなくなる」との危機感を感じ、アジアへ旅する。
 
 
タイの子供達の笑顔と街の人たちの人情に触れ、仕事をやめ、
NGOでの事務仕事や農村の花農家で知的障害のある方たちと
1年間共に働き、1993年北海道にuターン。
アイヌ民族の有機農家での住み込みの後、過労による抑うつ状態に。
その体験から自身の癒しの必要性を感じ、カウンセリングやセラピーを
学びながら自身の癒しのプロセスに取り組む。また旅をしながら
地域で「いのちをみつめる」イベント、ワークショップなどを企画・
主催する。
 
2003年ニセコエリアに移住。
 
内観とセラピーを通じて自身の内面と向き合いながらセラピストとして
活動。また、地域のお年よりや自宅の草花や自然に癒され、支えられ、また
カメラを通じて自然にあるちいさないのちと向き合うことで、多くの
気づきと癒しを与えられる。
 
幼少期から、生と死について深く向き合うことが多く、
また、この5,6年の間に、友人、愛犬、義理の弟、父の
闘病と別れを体験する。
 
 
「どんないのちにもいまここにいきている意味と価値がある」。
自然や動物たちの生きる姿を通じて、また自身の生きてきた道を
ふり返り、そのかたが自分らしく自分の道を歩いていくことを
後押しするニセコでのポートレート撮影を通じ、今を生きる
いのちへの力と道しるべとなる写真を写すことを
自分自身のライフワークだと感じている。 
ニセコの豊かな自然の中で、3匹の猫とでっかいトイプードルの
ジョイと暮らす。
 
人も自然も動物も、それぞれのいのちがかがやき、
互いに支え合い、活かしあい、輝ける地球が、
これからの未来続いてほしいと願っています。

 

 
 
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
 
経歴
2006.6月 札幌市内にて アイヌ刺繍と写真展 開催
2009、7月 札幌市内にて 写真展開催
2010.6~8月 北海道内4箇所にて3人展の開催、コンサートでの
スライドショーのコラボを行う。
2012.7月 北海道伊達市内にてポストカード&グリーティングカードフェアに参加
2012~2016ニセコ、倶知安のフレンチレストラン、サロン、ショップの写真撮影
2014、9月 大阪招致 撮影会開催
2015,  Photoレッスン開催
   東京、横浜にてプロフィール写真の撮影会を実施
     苫小牧Hanamaroom主催・市内にて撮影会開催
         札幌市内・撮影会開催
 
カウンセラー、セラピスト、講師、コンサルタント、中小企業診断士、
フレンチレストラン、雑貨ショップ、エステサロン、雑誌取材など
撮影は多岐にわたり、地元ニセコのみならず、札幌、苫小牧
関東、関西出張撮影を行う。プロフィール、イベント、サロン、
レストランなど撮影件数はのべ100件以上。 
 

 

 

その他:北海道のカントリーマガジン、Eastside創刊号と2号にエッセイを

9,10号にニセコ情報を執筆。乗馬ライフ2015年9月号に写真掲載。